【シミウス】【ビーグレン】より優秀な美白コスメはどっち?

シミウスとビーグレンは、どちらもユーザーからの評価が高く、人気のある美白化粧品です。化粧品の口コミサイトやランキングサイトでも目にする機会が多いのではないでしょうか。

 

シミウスもビーグレンも、それぞれに成分や使い方に特徴があり、どちらがより合っているかは、使う人の肌質や年齢によっても変わってきます。そこで、二つの商品の価格や期待できる効果など、それぞれの特徴を比較し、紹介します。

 

 

→今人気の美白ジェル!シミウスの詳しい情報はこちら

【シミウス】と【ビーグレン】よりコスパが優れているのは?

まず、もっとも大きな違いは値段です。シミウスが1つで10役を兼ねるオールインワン化粧品であるのに対し、ビーグレンは洗顔料や化粧水、美容液など、ラインで揃える必要があります。

 

したがって、ビーグレンの方がシミウスの3倍ほどのコストがかかります。

 

 

<シミウス>


  • ホワイトニングリフトケアジェル60g(約1カ月分)で通常価格5,122円(税込)
  • 30日ごとに商品を配送する「きれい定期便」を利用すると、20%オフの4,098円(税込)で購入できます
  • 送料は全国一律648円。税抜5,000円以上の購入で送料無料。定期便に申し込むと購入価格に関わらず送料無料です。

 

<ビーグレン>


各アイテムごとの単品購入も可能ですが、今回は初回購入時を想定して、セットで購入した場合の価格を計算しました。

 

  • 乾燥・保湿ケアプログラム(4アイテム約1カ月分)22,140円(税込)
  • ホワイトケアプログラム(5アイテム約1カ月分)28,620円(税込)
  • エイジングケアプログラム(5アイテム約1カ月分)28,617円(税込)
  • そのほか、ニキビケアに特化したラインやたるみ・ほうれい線をケアできるラインなど複数のラインが用意されていますが、いずれも3〜4アイテムで20,000円〜30,000円ほどです。
  • 全国一律送料無料。お急ぎ便も利用可能です。(地域により最短となる配達日が異なります)
  • 「定期お届けサービス」に申し込むと、注文個数に応じて5%〜25%まで割引されます。

敏感肌でもOK?肌にやさしくて安全なのはどっち?

乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌など肌に悩みを持つ方にとって、安全性は気になるポイントですよね。

 

特にシミウスとビーグレンは、どちらも美白効果の高い化粧品という事で、刺激の強い成分や、副作用を起こす危険のある成分が入っているのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。

 

 

シミウスは、敏感肌やアトピー肌など肌の弱い方もリピートできるほど、肌にやさしい成分を使っています。

 

サクラ葉エキスやシコンエキスなど、漢方薬にも使われる植物由来の美白成分や、消炎作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、表皮の更に奥の角質層まで保湿するコラーゲンやヒアルロン酸を配合し、肌トラブルを防ぎながらダメージに負けない強い肌を作ります。

 

 

一方、ビーグレンには美白成分として、ハイドロキノン誘導体という成分が含まれています。ハイドロキノンとは、メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニン色素を生み出すメラノサイトという細胞そのものを減らしてしまう、強力な美白作用をもった成分です。

 

しかし、強力な分肌への刺激が強く、肌荒れを引き起こしたり、肌がまだらに白抜けしてしまう「白斑」などの副作用を起こしたり、一時期問題になった成分でもあります。

 

ハイドロキノン誘導体は、このハイドロキノンに限りなく似せて作られた成分で、ハイドロキノンよりもはるかに肌にやさしく、安全性も高い成分です。そのため、ハイドロキノン誘導体が原因で副作用が起きることはほとんどありません。

 

しかし、過去に化粧品で肌荒れを起こしたことのある方や、アトピーや敏感肌で極端に刺激に弱い方には、ビーグレンよりもシミウスがおすすめです。

 

 

→シミウスの成分や効果について詳しくはこちらから

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_