シミウスの成分は本当に安全?副作用は大丈夫?

シミウスはインターネットの口コミサイトや女性誌でも取り上げられた、今人気の美白化粧品です。リピート率93.9%という実績からもその効き目の大きさが伺えますが、それほどシミに効くということは、何か強力な成分を使っているのではないでしょうか?

 

数年前には、美白化粧品の副作用で白斑が出来てしまったというニュースが話題になったこともありました。もともと肌の弱い方や、化粧品で肌が荒れた経験のある方にとって安全性や副作用の有無は特に気になるポイントですよね。

 

特にシミウスは、ドラッグストアやデパートなど一般の店舗では販売されていないので、テスターで試すこともできません。そこで、本当に副作用を起こすリスクがないのか成分や安全性について調べました。

 

 

→シミウスはどうして効くの?詳しい情報は公式サイトから

 

【急上昇中のキーワードも確認してみる】シミウス 定期便


シミウスは医療業界からも認められている!?

シミウスは、2014年発行の「医学と薬学」という薬物療法の専門誌にも取り上げられています。この雑誌は医学、薬学の基礎知識から臨床知識、研究論文など、医療に関する最新情報を幅広く掲載しています。

 

一般の人はなかなか目にする機会がないかもしれませんが、ドクターやナースなど医療従事者には愛読者の多い雑誌です。

 

こうした医療雑誌に掲載されるということは、シミウスの美白効果は、医療業界でも認められるほどに確実であるという証拠です。もちろん、いくら効き目が大きくてもそれ以上に強い副作用があっては評価されることはありません。

 

医学雑誌には研究の過程や実験結果も掲載されますので、そういった確かな情報を提出できるという点も、シミウスが信頼性の高い化粧品であるという裏付けになります。

 

 

口コミサイトの投稿やブログなど、実際に使用した方のレビューを見ても、副作用があったという報告は見当たりません。

 

それどころか、敏感肌やニキビ肌、化粧品で肌荒れを起こしやすい方でもシミウスなら副作用の心配もなく、安心して使えるという感想が多く寄せられていました。使い始めてから肌トラブルが減った方や、肌が丈夫になったと感じている方も多いようです。


シミウスの成分は肌にやさしい?危険?

美白化粧品の副作用で肌が荒れたり、白斑が出来てしまったりなどの問題が、過去に話題になりました。しかし、一体何が原因でこうした副作用が起こってしまったのでしょうか。

 

 

美白化粧品には、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成をおさえたり、メラニン色素を分解する成分が含まれています。

 

科学的に生成された成分から天然成分まで、どんな成分が含まれるかは化粧品によりそれぞれですが、それらの美白成分が強く働きすぎてしまうと色素が全く作り出されない状態になり、副作用として皮膚の色が部分的に白く抜け落ちてしまいます。

 

これが白斑と呼ばれる症状です。

 

このような副作用は、化粧品を使い続けてすぐに起きるとは限りません。使いはじめて何カ月かは全く問題がなかったのに、突然副作用が起きるケースもあります。

 

白斑はステロイド剤を使ったり、光線療法を用いることで治療できますが、どれくらいの期間で完治するかはまちまちです。場合によっては半年以上経っても治らないこともあります。

 

 

こうしたトラブルは、開発されてから日が浅く販売実績の短い化粧品や、日本で認可されていない成分を含む海外メーカーの化粧品によくある副作用です。

 

 

一方シミウスは、国内メーカーが開発・製造した安全性の高い化粧品です。刺激の強い成分や、副作用のリスクのある成分は使わず、植物から抽出した天然成分を中心とした肌にやさしい処方となっています。

 

 

→シミウスで本格的なシミ対策!詳しくはこちらをチェック


肌にやさしい美白ケア!シミウスの成分を徹底分析

シミウスに含まれる美容成分は、自然派コスメや漢方薬などにも使用される、安全性の高い成分です。したがって副作用を起こすリスクも非常に低いのですが、肌に穏やかだからといって、決して効き目まで弱いという訳ではありません。

 

シミウスには美白成分だけでなく、肌荒れを防ぐ成分やアンチエイジング効果のある成分など、100種類以上の美容成分が含まれています。その中でも代表的な成分と、主な効き目を紹介します。

 

 

プラセンタエキス

哺乳類の胎盤から抽出される成分で、美容整形などにも用いられます。メラニン色素の生成を抑え、シミやくすみを防ぎます。また、新陳代謝を促進し、できてしまったメラニンを体外へ排出する作用もあります。

 

シコンエキス

紫草という植物から抽出される成分で、古くから薬にも使用されてきました。高い保湿作用があり、シミやシワ、タルミの改善などアンチエイジング効果も期待できます。

 

サクラ葉抽出液

桜の葉から抽出されるエキスです。メラニンの生成を抑える作用のほか、高い保湿作用や抗アレルギー作用、抗炎症作用をもち、肌荒れ防止効果も期待できます。

 

ヒアルロン酸ナトリウム

肌の表面だけでなく、肌の奥の角質層までうるおいを届け、ふっくらとしたハリのある肌をつくります。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

ニキビケア用化粧品にも含まれる成分で、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。

 

 

シミウスは一般化粧品よりも効果が高い医薬部外品に分類されます。医薬部外品とは、化粧品よりも作用が強く、医薬品よりも作用が穏やかなものを指します。

 

一般的な化粧品との最も大きな違いは、有効成分や効能を明記できるよう薬事法により定められている点です。しかし、医薬品のように強力な成分は含まれていないので副作用を起こしにくいのも医薬部外品の特徴です。

シミウスを使ってシミが濃くなった!これって効いてないの?

シミウスを使っていると、稀にシミが濃くなったように感じたり、新しいシミが増えることがあります。ひょっとして効いていないのでは?副作用なんじゃないか?と心配になるかもしれません。

 

実は、このような現象が起きるのは副作用ではなく、シミウスが効いているサインなんです。シミウスには新陳代謝を活発にして、肌の奥にひそむメラニンの排出を促す成分が含まれています。

 

メラニン色素が肌の奥から表面まで浮き出てくるので、シミが濃くなったり、今までシミがなかった場所にシミがあらわれたりします。しかし、これはあくまで一時的なもので、副作用ではありません。

 

使い続けているうちに古い角質ごとメラニン色素が排出され、今度はだんだんとシミが薄くなってきます。さらに、メラニンの生成を抑制する成分も配合されているので、一旦蓄積されたメラニンが排出されれば、新たなシミ予備軍が出来るのを予防できます。

 

また、シミウスは肝斑にも効果が期待できます。肝斑は一見シミと区別がつきませんが、シミが加齢や紫外線のダメージによって出来るのに対し、肝斑はホルモンバランスの乱れやストレスの影響であらわれます。

 

そのため、若い人でも生活習慣が乱れていたり、日頃からストレスを受けやすかったりすると肝斑が出来てしまいます。

 

シミウスは肌の新陳代謝を活性化し、新しく健康な角質を生み出します。すると、古い角質が剥がれ落ち新しい角質へと生まれ変わっていくにつれ肝斑が薄くなっていくのです。

 

このような美白効果は、朝晩のスキンケアに加えマッサージで血行を促進しつつ美容成分を浸透させることにより、さらなる効果が期待できます。


これって副作用?こんな時どうしたらいいの?

シミウスは敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌やアトピー肌などさまざまな肌タイプの人に使えます。副作用を起こすリスクも非常に低く安全性の高い商品ですが、肌質によってはごく稀に肌に合わないケースもあります。

 

そこで、使用中に起きる可能性のあるトラブルと、万が一トラブルが起きてしまった時の対処法を紹介します。

 

 

肌がブツブツしたり、ニキビが出来やすくなった

シミウスは保湿性に優れているので、もともと脂性肌の方が使用すると保湿されすぎてニキビが増えることがあります。

 

ニキビだけでなく、ひどい痒みや腫れをともなったり肌が火照るような時は、一旦使用を中断して医師に相談する必要があります。しかし、そうではない場合は、使う量を少し減らして様子を見ながら使ってみましょう。

 

 

肌が乾燥する

シミウスは、1つで化粧水や美容液、クリームなど10役を兼ねるオールインワン化粧品なので、基本的には洗顔後に化粧水などを使わず、顔に塗布するだけでスキンケアは完了します。

 

しかし、乾燥肌が進行していると、人によっては保湿が足りないように感じることがあります。その場合は、他社の化粧水やクリームと併用しても問題はないので、乾燥肌がある程度改善されるまでは重ねづけしてみるのもおすすめです。

 

実際に、口コミサイトには他社の化粧品を併用して工夫しながら使っている方のレビューも投稿されています。

 

 

万が一、使い方を工夫しても改善されなかった場合、シミウスでは30日間の返金保証が適用される「お試しコース」というサービスを行っています。

 

お試しコースは公式サイト限定のサービスです。初めてシミウスを使う方や、これから使ってみたいと考えている方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

→シミウスのお試しコースについて詳しくはこちらから

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_